トップページ > 化粧品 > SC EGFエッセンス(化粧品)

ミスパリライン

SC EGFエッセンス(化粧品)

EGF配合美容液SC EGFエッセンス(化粧品)

  • 保湿
  • 肌荒れを防ぐ
  • エイジングケア

商品番号 01-018


[内容量]: 30ml

肌のみずみずしさを促す成分とされている成分EGF(ヒトオリゴペプチド-1)や白金ナノコロイド(プラチナ)に加え、プラセンタエキス、ヒアルロン酸を配合したエッセンスです。
小ジワや肌あれなど様々なお肌にうるおいを与え、しっとりとハリのあるつやつやお肌へと導きます。
※男性の方もご利用いただけます。
※EGFを発見、研究した功績によりアメリカの生理化学者スタンレー・コーエン博士は1986年にノーベル生理学賞を受賞しました。

本体価格:19,440円(税込)

[180ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(5.0) 5.00

洗顔後、適量を手に取り、お肌によく浸透するようにムラなくのばしてお使いください。
小じわなど気になる部分にはたっぷりとお使いください。

◆EGF 〜ヒトオリゴペプチド-1〜
EGF(ヒトオリゴペプチド-1)〔Epidermal Growth Factor:上皮細胞増殖(成長)因子〕とは、もともと人間の体内にあるタンパク質の一種で、肌のターンオーバーに深く関わっています。年齢を重ねるに従ってその分泌量は減少するため、皮膚に直接補給することで、ターンオーバーがスムーズになり、様々な肌トラブルに作用が期待されます。

◆ヒアルロン酸
鶏のトサカから得られる成分で、皮膚の真皮等にある水分保持能力の主役となる成分です。ヒアルロン酸の驚異的な水分保持能力を生かして、角質層の水分量を高め、お肌に潤いとハリを与える効果があります。ヒアルロン酸は水分とともに各種栄養素を保持し細胞間の栄養バランスをとっています。そのため、EGFが新しい表皮細胞を合成するときにヒアルロン酸があることで、必要な栄養素が十分に行き渡るため、細胞合成がスムーズに進むようになります。ヒアルロン酸はEGFととても相性が良く相乗効果をもたらします。

◆白金ナノコロイド(プラチナ)
白金ナノコロイドは、プラチナ(白金)を2nmという極小の粒径にした素材です。他の抗酸化成分とは異なり、一度活性酸素を除去する役割を果たしてもその作用が失わず、存在する限り、半永久的に働くことができるのが特徴です。

◆プラセンタエキス
動物由来の胎盤であるプラセンタエキスは、各種の有効成分を含み、様々な薬理作用があるうえ、人肌との馴染みがよいということで古くから永遠普遍に使われ続けている究極の美容液です。世界に名だたる化粧品メーカーやホテルブランドなどでも、プラセンタエキスは高い評価を得ています。

メーカー ミス・パリ
商品名 SC EGFエッセンス
内容量 30ml
成分表 水、BG、グリセリン、ペンチレングリコール、ベタイン、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-10、プラセンタエキス(ブタ)、ビワ葉エキス、キイチゴエキス、マンニトール、アルギニン、白金、キサンタンガム、カルボマー、ポリソルベート80、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール
区分 日本製・化粧品
分類 スキンケア>美容液

※効能、効果には個人差がございます。予めご注意ください。また、使用中にトラブル等が発生した場合は、ただちに使用を中止し、専門医などにご相談されることをお勧めいたします。



■EGFエッセンスについて
EGFエッセンス

EGFエッセンスは、ノーベル賞受賞成分『EGF(ヒトオリゴペプチド−1)』、話題の新原料『白金ナノコロイド(プラチナ)』に加え、『プラセンタエキス』・『ヒアルロン酸』さらに、植物混合エキスを配合した、スペシャルケア化粧品です。注目の4種類の美容素材を1つの商品に配合しているエッセンスは、今のところ市販されておりません。脱毛後のケア、小ジワ、シミなど、様々な肌トラブルの回復時に効果的なエッセンスです。

開発された背景にはお客様の脱毛後のケアから端を発しています。今まで脱毛後は、“ハーブローション(医薬部外品)”・“SCハーブジェル(医薬部外品)”、そして純度99.9%をほこる、スクワランオイル“SC SQオイル”でアフターケアを行っていました。

より画期的な化粧品で、せっかくムダ毛のなくなったお肌や顔を今まで以上にケアしながら輝かせるものはないか…と思っていたころ、“EGF”の解禁の話があり、まずはサロンの脱毛のお客様用のテストにつくられました。

EGF(ヒトオリゴペプチド-1)〔Epidermal Growth Factor:上皮細胞増殖(成長)因子〕とは、もともと人間の体内にあるタンパク質の一種で、1962年アメリカの生物科学者コーエン(Stanley Cohen)博士が、遺伝子工学の技術を用いて火傷治療の目的でEGF(ヒトオリゴペプチド-1)を発見しました。この発見と生化学研究の功績により、コーエン博士は1986年に『ノーベル医学生理学賞』を授与されました。EGFの存在そのものが、世界的発見でありどれほど重要なものであるかを物語っています。

皮膚再生分野での高い信用から、当時は『1gあたり8,000万円』で取引が行われており、長い間、医療機関で使用されてきました。20年以上を経た2005年の秋に一般化粧品としての使用が可能になりました。

ミスパリのEGFエッセンスには、お肌の保護、ということで保湿には欠かせないプラセンタ・ヒアルロン酸を配合し、そして白金ナノコロイドを配合しました。白金ナノコロイドは、プラチナ(白金)を2nmという極小の粒径にした素材です。

強化されたミスパリのEGFは、まず、プロフェッショナルユースとして、実際にサロンでお客様に使用させていただくところからはじめました。肌の様子を脱毛後のお肌の回復の良さはもちろん、肌のコンディションの良さに驚いたスタッフが先に飛びつき、社員から売れ始めていきました。

ハタ坊さん(9件) 購入者

非公開 投稿日:2016年01月05日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

毎回購入してますが、やっぱり良い化粧品だと思います。

これからも購入し続けたいと思います。