トップページ > 化粧品 > ミスパリ アイクリーム(化粧品)

ミスパリライン

ミスパリ アイクリーム

ミスパリ アイクリーム(化粧品)

  • 保湿
  • ハリ

商品番号 01-047


[内容量]: 23g

真皮層まで染込んでいく浸透型コラーゲンとコラーゲンの生成を活性化させるマトリキシル(パルミトイルペンタペプチド-4)を配合。
『保湿』と『コラーゲンの補給』により、キメを整え、ハリ、つやのあるすっきりとした目元をサポートするためのスペシャルケア用保湿クリームです。
※男性の方もご利用いただけます。

本体価格:12,960円(税込)

[120ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(4.0) 4.00

顔全体に乳液を塗った後、アイクリームを目元、口元、首もとなど小じわやかさつきの気になる部分に塗ると効果的です。

◆浸透型コラーゲン
本来コラーゲンは分子量が約30万と大きいために肌に浸透せず、保湿剤として期待される程度でした。浸透型コラーゲンは分子量が従来の1/1000程度、分子量約300まで小さくなり、真皮層まで浸透していくことが確認されています。浸透型コラーゲンは皮膚表面での優れた保湿効果に加え、真皮層にある線維芽細胞を刺激し、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促進します。ヒアルロン酸産生量は何も無いときに比べて約1.5倍、コラーゲンの産生量は約3.5倍も増加します。(一丸ファルコス株式会社調べ)

◆マトリキシル(パルミトイルペンタペプチド-4)
マトリキシルはアミノ酸の一種で、真皮の線維芽細胞に働きかけコラーゲンの合成に効果的といわれています。ビタミンCやビタミンA(レチノール)と同等以上の効果があるといわれ、化粧品に配合しても成分が変性しにくく安定しているため、シワの対策として、期待されている注目の成分です。

◆水素添加大豆リン脂質
角質層を常に正常な状態に保つことを目的に開発された大豆由来のレシチンで、優れた保湿効果とエモリエント効果など肌あれ対策ための配合物です。

◆シア脂(シアバター)
中央アフリカ等に広く分布しているシアの種子から得られる脂肪で、皮膚炎や皮膚過敏症を防ぐといわれています。また日焼けから皮膚を保護するともいわれています。
◆ホホバ油
ホホバの実から抽出した液状のオイル。さらっとした感触ですが、肌からの水分をしっかりと防ぐ効果が強く、ほかの植物油脂に比べて酸化安定性にすぐれています。ニキビ肌にも使える原料といわれています。

◆トコフェロール
ビタミンEで強い抗酸化作用があり、化粧品以外の食品などにも酸化防止として広く利用されています。

メーカー ミス・パリ
商品名 ミスパリ アイクリーム
内容量 23g
成分表 水、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、水添ポリイソブテン、ワセリン、PG、グリセリン、ステアリン酸PEG-2、ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)、リンゴ酸ジイソステアリル、セチルリン酸DEA、パルミトイルペンタペプチド-4、加水分解コラーゲン、シア脂、水添ホホバ油、水添レシチン、トコフェロール、パーフルオロポリメチルイソプロピル、セテアリルアルコール、BG、カルボマー、ポリソルベート20、TEA、メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン、香料
区分 日本製・化粧品
分類 スキンケア<クリーム

※効能、効果には個人差がございます。予めご注意ください。また、使用中にトラブル等が発生した場合は、ただちに使用を中止し、専門医などにご相談されることをお勧めいたします。



マトリキシルの効果

■シワについて
マトリキシル

しわの深さ、長さ、量、シワ表面積が4ヶ月間使用することで約40〜50%。額、目のまわりの小じわ、ほうれい線の笑いじわは約25〜30%薄くなったという臨床データです。



■キメ細かくなめらかな肌に
マトリキシル

マトリキシル3%配合クリームを1日1回目元に塗布した際の経時変化。シワが改善され、肌表面がなめらかに変わってきているのが分かります。



■やっぱりコラーゲン

小じわやタルミなど肌の状態は、表皮の下にある真皮の状態により大きく左右されます。この真皮の実に70%程度はコラーゲン線維から出来ています。真皮層が厚く、コラーゲンが充実していると、ゼリーのような弾力性があり、表皮はしわ、たるみのないハリのある素肌を保つことが出来ます。
コラーゲンは20代をピークに減り続け、70歳の時には20歳の時よりも80%近く減ってしまいます。このコラーゲンの新陳代謝が衰えると、水分は保持できず、表皮には栄養を与えれらず、保湿効果が衰え、ハリのある素肌を保つことが出来なくなります。
皮膚の老化とコラーゲンの減少は密接な関係にあり、年齢を重ねれば重ねるほどコラーゲンを日々補給し、真皮層を活性させることが若さを保つ最大のポイントとなってきます。



■保湿と肌

年齢を重ねるとお肌自身の力が衰え、水分を長い間保つことができなくなります。
また、皮脂膜やセラミドなどを作る力が弱くなり、細胞間にすき間ができたり、細胞内の水分が蒸発したりと「潤い」が奪われやすくなり肌の表面がごわつきます。さらに紫外線をあびて皮脂が酸化すると、炎症やかさつき、乾燥じわなどができてしまいます。
若々しい肌を保つためには保湿も重要なポイントとなります。洗顔し、化粧水や美容液でお肌を整えた後、乳液で顔全体を保湿します。小じわや乾燥が気になる部分には、保湿成分とコラーゲンをたっぷり含んだアイクリームでコラーゲン補給をしながら、補った水分が逃げないようにしっかりとふたをし保湿してあげましょう。

のぶさんさん(3件) 購入者

岡山県/40代 投稿日:2016年05月04日

おすすめ度 おすすめ度(4.0)

肌にハリ、つやがでてきました、継続して使用します

まみこさん(1件) 購入者

40代/女性 投稿日:2013年12月29日

おすすめ度 おすすめ度(4.0)

付けるとハリと保湿された〜と感じます。小じわが無くなるようしばらく続けたいと思います。 もう少し量が増えたら良いな・・・